東京六七会トップ > 例会・新年会の会合 > 2001年
平成13年(2001年)
 
 日 時: 13年6月7日(木)
 会 場: 古窯@銀座にて
 会 費: 1万円

東京六七会からのメッセージ


 皆さんこんにちは、東京六七会の青柳と申します。今日は会の近況をお知らせします。

 そもそも六七会の名前の由来ですが、私たちは1967年(昭和42年)卒ですが、6×7=42と数字合わせがうまくいくので六七会となったようです。物理を教えていただいた水戸部先生の命名です。この名前の都合がいいのは、毎年6月7日を六七会の開催日にできることです。もっとも最近は隔年になっていますが、今年は6月7日にみんなで銀座のレストラン古窯に集まりました。あいにくと梅雨時で土砂降りでしたが、昔の仲間に会いたくて約20名が参加しました。毎回このような人数ですが、初参加の人もあり楽しい集まりになります。

 私たちは人生の峠(50才)を少し越えてしまいましたが、さすが団塊の世代だけあって多士済々です。写真の真ん中にでんと座っているのは長谷川君で、昨年シドニーのパラリンピックに参加して大活躍しました。彼の右斜め後方にベートーベンのような風貌の名ピアニスト白井君が立っています。ここでビッグニュースです。来る11月の東京全体同窓会の会場で白井君が皆さんのためにわざわざピアノを演奏することになりました。お楽しみに。

 両氏の間にニコニコと座っている美女は強運の持ち主藤島さんです。今回はレストラン側のサービスで、上山のホテル古窯の無料宿泊券の抽選会がありましたが、なんと最初にくじを引いた彼女が当ててしまいました。残りの者ががっかりしたのは言うまでもありません。このようにみんな活き活きと活躍しておりますが、全員を紹介するにはとても紙面が足りませんのでアトは省略させていただきます。

 これからも6月7日の集まり以外に、家族同伴の企画なども考えていきますので六七会の方ご参加をお願いします。

平成13年会合の様子を東京同窓会だより(平成13年9月)へ寄稿しました)


Copyright © 山形東高 東京六七会.  All rights reserved.